Home>注目記事>リップスティックに慣れたら効果的な乗り方や技を覚えよう

リップスティックに慣れたら効果的な乗り方や技を覚えよう

スケボー

リップスティック上級者の楽しみ方

ブレイブボードに転倒せずに乗れるようになったら、技に挑戦してみるといいでしょう。最初はまっすぐ進むだけでも大変ですが、重心を変えて進行方向を変えたり、それを繰り返すことで八の字で走行したりできるようになります。せっかくならかっこよくリップスティックの乗りたいという人は、斜めになって置かれているリップスティックに飛び乗るように足を乗せそのまま走行するジャンプランドという乗り方もあります。また、地面に手をつけて180度や360度回転するレイバックという技もあります。手をつけるので簡単そうに見えますが、立っている状態から転倒せずに体を落とし手を付いて回転し立ち上がるというのはかなりのバランス感覚が必要です。ジャンプをしたいという人は、片手でボードを引き寄せてジャンプするセンターホールドホップという技もあります。他にもさまざまな技があるため、リップスティックに慣れてきたら色々な技に挑戦してみることで楽しさの幅を広げていきましょう。

スケボー

体感を効果的に鍛えるならツイスト乗りを覚えよう

リップスティックでは、片足乗りという後ろ足を前後に動かすことで進む乗り方があります。初心者でも簡単に乗りやすい方法のため、この方法で乗っている人もよく見かけます。もちろん最初はこの乗り方をしてリップスティックに慣れていくことも大切です。しかし、体感をしっかり鍛えたいのであれば、片足乗りではなく全身のひねりを使うツイスト乗りをマスターするといいでしょう。やや膝を曲げ腰を落として全身を使って体を左右にひねります。足首や膝、股関節、腰などをうまく使い全身でバランスをとる必要があるため、体感が鍛えられ安定したしなやかな動きができるようになっていきます。

広告募集中